未来を知りたい、目に見えない理(ことわり)を知りたい、という人々の願いはいまも昔も変わりません。古代より世界各地でそれを知るためのさまざまな方法が生まれ、現代に伝えられてきました。そうした未来や運勢など直接目で見ることのできないことについて判断する方法や行為のことを「占い」といいます。