アドバンストコースの対象者は、一般初心者の方で自分癒しのためにヒプノセラピーを学びたい方。将来ヒプノセラピストとしての独立・開業を目指す方。すでに独立・開業しているが新しい脳科学に基づく催眠療法を学び直したい方。これからJHAでヒプノセラピーを学ばれる方で、アドバンスト(中級)コースの受講を決めている方。

※JBCH認定アドバンストコース(10日間)の中でベーシックコース(2日間)の内容をカバーしますので、アドバンストコースを受講するためにJBCH認定ベーシックコースを修了する必要はありません。

このアドバンストコース (10日間) は、基本から中級レベルまでの催眠関連の理論と技法を幅広く学ぶコースです。

アドバンストコースを最後まで履修することで以下の2種類の認定証が授与されます。

1)  JBCH認定アドバンストヒプノセラピストの認定証
当校の村井啓一代表が代表理事である一般社団法人日本臨床ヒプノセラピスト協会 (JBCH:Japan Board of Clinical Hypnotherapists)の認定です。

これまでの日本には有力な催眠団体がなかったため、日本のヒプノセラピストは知名度のある米国の催眠団体の認定を受けざるをえませんでした。米国の認定団体にも信頼できるところと信頼できないところがあるため、日本で日本語で活動するヒプノセラピストのための有力な団体が待ち望まれていました。

JBCHは日本のヒプノセラピストにとって必要な研修・研鑽・支援の提供、会員の互助活動を促進、最新の脳科学に基づくヒプノセラピーの追究とその情報発信を行う団体として発足しました。2021年8月現在で日本最大級の催眠団体に発展しています。

2) NGH認定ヒプノセラピストの認定証
米国の催眠団体の中でも最も定評のある世界最大の国際的催眠団体である米国催眠士協会 (NGH:National Guild of Hypnotists)の認定です。

JBCH認定の最新脳科学に基づくヒプノセラピーをお教えします。様々な催眠現象を科学的に解明することで今までに学ばれたことが脳科学的に分るようになります。
スピリチュアリズムと脳科学に基づくヒプノセラピーとは何かが理解できるようになります。
世界でもっとも普及している古典的催眠療法であるNGHのやり方による行動修正 (癖や習慣等の修正) セッションの施術法を習得できます。
年齢退行療法、暗示療法、GIFT、イメージ療法などの各種療法の基本テクニックを学べます。
エリクソン催眠とNLPの基礎を学べます。
NGHの教程にはない前世療法・未来世療法・悲嘆療法などについてもその理論と基本的テクニックを学べます。
ヒプノセラピストとしてセッションを行うための中級レベルのヒプノセラピーの技術が学べます。
日本臨床ヒプノセラピスト協会 (JBCH) 認定ベーシック・ヒプノセラピストの認定証が授与されます。
米国催眠士協会 (NGH) の会員として登録証・認定証が授与されます。
米国催眠士協会 (NGH) 発行の雑誌 (“The Journal of Hypnotism”) とニューズレター (“Hypno-Gram”) が季刊で届きます。
当アカデミー(JHA)の各プロフェッショナルコースに進み、ヒプノセラピストとして必要な上級テクニックを学ぶことができます。
本コースを修了されヒプノセラピストとして1年以上の経験を積まれた方はNGHの認定インストラクターコースを受講し、認定インストラクターになることができます。(※暗示療法だけでなく、年齢退行療法や前世療法等の施術も行いたい場合は当該プロフェッショナルコースを受講されてから開業されることをお勧めします。)